非常灯ってなんだろう

非常灯ってふだんあまり耳にしないし、聞きなれないなって思いますよね。

でも読んで字の如し「非常時」の「灯り」なんですよね。

一番わかりやすい例は非常出口などにある緑色のアレじゃないかな。

でもそこまでのものは、一般家庭にはなかなかありませんよね。

よほどの豪邸でも。

でも実は家庭でもカンタンに取り付けられる非常灯ってけっこうたくさんあるんですよ。

たとえば暗い廊下で足元を照らすかすかな灯りや、玄関を瞬時に明るくしてくれる電気。

年配の方が家にいらっしゃるご家庭では、かなり重宝するんじゃないでしょうか。

帰宅したとき、入り口で電気のスイッチを手探りでさがした経験って誰にでもあると思います。

でも真っ暗だとちょっと危ないですよね。

でも、人の気配を察知して自動で点灯する非常灯なら、安心です。

いつも点灯しているわけではなく、必要なときだけだから、省エネにもなりますよね。

それに、万が一停電したとしても充電機能があるので、さらに安心!

これも非常灯の一種です

阪神大震災についで、新潟に東北と大きな地震が続き、不安な毎日をすごしている人も少なくはないでしょう。

最近は火山の噴火の心配まで…。

そんなとき停電はつきものだったりします。

天災による停電は、自分ではどうにもならないものです。

防災グッズを用意していても、いざ停電になった時、とっさに懐中電灯を探せますか? そんな時役に立つのが非常灯。

あなたを真っ暗闇の恐怖から救ってくれちゃうのです。

人はいきなり真っ暗になると、多かれ少なかれパニックになるもの。

でも、地震のゆれや停電などを察知して点灯してくれる非常灯なら安心です。

スイッチを探す必要もありません。

他にも、人の気配を察知して点灯してくれるタイプも。

近頃では、インテリアにあわせていろんなタイプが登場しているから、選ぶのも楽しいです。

必要のないときにはひっそりとした存在だけど、いざというときの頼もしい味方。

非常灯の設置を検討するなら

非常灯ひとつで、安心安全ライフを手に入れませんか?


Comments are closed.